GDP、リセッション、株価の過去の関係性

2022年米国で二四半期連続でGDPがマイナスになりました(速報値)。
GDP発表前から話題となっている米国のリセッション入り(景気後退)が、今話題を集めています。

日々下がる株価と、リセッションについて熱く語る人たちで、ややお腹一杯気味の中で見つけた「ハナの投資話*hana*」さんの動画です。過去のリセッションが起こった期間と株価の変移、そしてリセッションのタイミングを優しい口調で淡々と説明していて、分かりやすいです。

リセッションについて二つの動画で説明されています。一つ目は主にリセッションの期間と株価について、二つ目はGDPと株価が底値をうつタイミングとの関係についてです

▼二つの目の動画はコチラ▼

リセッション中に株価が底をうつ感じが見えますが、これも後から振り返ればの話。
現在の株価の上昇が底打ち後の回復にあたるのか、そもそも今リセッション中なのか正直分かりません。だから面白いのかもしれません。